世界中(日本)の記念日と年中行事

世界中(日本)の記念日と年中行事を日別に掲載!さらに月別で各月を各国の言葉で何というのか?日本語で各月を表現するほかの言葉(異名)、各月の記念日・年中行事、誕生石、誕生花、星座、季語など各月に関する情報を紹介します。


目次

記念日 年中行事 誕生日 命日 出来事


月別

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月



記念日

(きねんび、英: Anniversary)とは、何かしらの事柄や過去に起こった物事を祝う日です。一般的にウィーク的(週)・マンスリー的(月)なども入れて年中行事も入ることがあります。また国人の祝日も記念日の一つです。


年中行事

(ねんちゅうぎょうじ、ねんじゅうぎょうじ)とは、年ごとに決められたの期間に行われる催し物の総称です。俗に伝統に由来する物事、主に宮中での公事を示しますが、一般的には個人的な物事から国民的・国際的な物事なども入ります。


誕生日

(たんじょうび)とは、誕生した日、または毎年やって来る生まれたことを祝う日です。生年月日(せいねんがっぴ)と同じ意味で使うこともあります。命日の反対語です。


命日

(めいにち)とは、亡くなった日、または忌日(きにち)とも言います。亡くなった年月日を没(歿)年月日(ぼつねんがっぴ)と言います。誕生日の反対語です。本来は亡くなった月を示す祥月と合わせて、一周忌以後のその月の命日である祥月命日(しょうつきめいにち)示します。ちなみに祥月に関連しない毎月の命日を月命日(つきめいにち)と言います。日本国における仏教では、年間12回の月命日に亡くなった人の供養を行います。昔は50回忌までは、50年ごとに行っていましたが、現代では31回忌、33回忌、50回忌のでれかで「弔い上げ」とするのが普通です。


出来事

(できごと)世の中で起こるいろんな物事。



上へ