1月15日|今日が何の日か知りたい♪世界中(日本)のイベントや祝日、記念日を自分やあの人の誕生日と照らし合わせてみたい♪を叶える便利な情報サイト【世界と日本のイベント祝日記念日】

1月15日|【世界と日本のイベント祝日記念日】

←トップページ


上元

(じょうげん): 正月15日の称。三元の一。この日小豆粥を食した。三元(さんげん)の一つ、雑節とすることがあり、元々は中国の道教の行事。 《日本》


左義長・三毬杖/どんど焼/道祖土焼/ほっけんぎょう/ほちょじ/鬼火/三毬打

(さぎちょう/どんどやき/さいとやき/ほっけんぎょう/ほちょじ/おにび/三毬打): (もと、毬打を三つ立てたからという) 小正月の火祭りの行事。宮中では正月15日と18日に吉書を焼く儀式。清涼殿の東庭で、青竹を束ね立て、毬打3個を結び、これに扇子・短冊・吉書などを添え、謡いはやしつつ焼いた。民間では正月14日または15日(九州では6~7日)長い竹数本を円錐形などに組み立て、正月の門松・七五三飾・書初めなどを持ち寄って焼く。その火で焼いた餅を食えば、年中の病を除くという。子供組などにより今も行われる。小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なります。日本全国で広く見られる習俗。 《日本》


小正月/小年/二番正月/若年

(こしょうがつ/ことし/にばんしょうがつ/わかとし): 旧暦の正月15日、あるいは正月14日から16日までの称。元日を大正月というのに対する。1月1日の大正月に対し、今日1月15日を中心にした数日を言います。豊作祈願などの農業に関連した行事をしたり、なまはげなどの行事を行って病気や厄災を払う地方もあります。 《日本》


いちごの日

(いちごのひ): 全国いちご消費拡大協議会が「いいいちご」の語呂合わせで記念日として定めています。 《日本》


ジョン・チレンブウェの日

(ジョン・チレンブウェのひ): マラウイの最初の独立活動家ジョン・チレンブウェを記念する日。 《マラウイ》


チョソングルの日

(チョソングルのひ): 世宗25年12月(ユリウス暦1444年1月)に世宗が「訓民正音」を作成したことから、1月の中間の日を記念日と。 《北朝鮮》


警視庁創立の日

(けいしちょうそうりつのひ): 1874年1月15日に東京警視庁(現 警視庁)が創設されたことに因む。 《日本》


半襟の日

(はんそでのひ): 京都半衿風呂式和装卸協同組合が制定。襟を正す正月であり、この日がかつて「成人の日」であったことから、和装に縁のあるこの日を記念日と。 《日本》


←トップページ